平成30年 第3回・七尾市議会定例会がはじまりした!

平成30年 第3回・七尾市議会定例会がはじまりした!


▼平成30年9月3日、平成30年・第3回七尾市議会定例会が27日までの25日間を会期として開催されました。提案理由説明で市長は、先般8月31日の集中豪雨に際し、22個所、最大260人の方々が避難され、人的被害はなかったと報告。しかし、河川等の氾濫や浸水により、床上・床下浸水の住家被害も多数発生しており、被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げるとし、道路や農道などの公共施設の本格復旧に万全を期すと致しました。

 

▼学校における空調については、児童生徒の学習環境にも大きな影響があったことから、国においては学校における空調整備の設置状況を緊急調査すると共に、平成31年度に必要となる予算を確保する動きも出ている事から、市としても猛暑から子供たちを守り、全ての普通教室の空調について、国の財政支援などを見極め、計画的に整備すると、その考えを示しました。

 

▼能越自動車道・田鶴浜七尾道路については、関係町会の協力体制も整ったことから、国において用地費等が確保されたことを踏まえ、当市の土地開発公社に於いて用地の先行取得に着手する事になり、国との連携を図りながら、市を挙げて早期完成を目指すと致しました。

 

▼「のと里山里海ミュージアム」は、開館まで残り2ヶ月を切り、諸準備も整いつつあり、世界農業遺産「能登の里山里海」の情報発信拠点として、他の観光施設や実際の祭り行事への誘客を促す取り組みを行うなど、更なる交流人口の拡大を図る考えを示しました。

 

▼ブロック塀崩壊事故を受け、当市においても全ての公共施設のブロック塀を点検し、基準に満たない箇所については、撤去などの安全対策を進めると致しました。

 

※一般質問は、9月10、11日に行われ、8名の議員が質問に立ち、活発な議論が交わされる予定です。 是非、傍聴にお寄りください。

 

質問者と質問内容は次のとおりです(クリック)

コメントする