第41回・能登五市議会議員研修会

平成29年11月17日、羽咋市役所に於いて能登五市議会議員研修会が開かれました。

 

研修会では能登五市から議員と事務局あわせて約100名が参加し、

「地域公共交通にどのように取り組むべきか」をテーマとし、

講師には、金沢大学法学類教授の西村 茂氏より講演をいただき、

地域公共交通の現状や課題、先進地の事例報告などについて研修が行われました。

 

■地域公共交通の意義 → その取り組みが「地域住民全体に大きな意義がある」という視点が大切である。

▼高齢化社会においては、活動的な高齢者の存在がカギになる。

▼人口が低密度な地域の高齢者こそ活発で元気に移動する人たちにしなければならないのでは…。

▼そのためには、自治体の公共交通網の再編、整備が不可欠。

▼今よりも積極的な財政支出も検討されるべきではないか…。

慶陽市訪問団 表敬訪問

11月16日、石川七尾日中友好協会ほか、

関係機関との今後の友好交流について協議し、

日中間の文化交流拡大を図るため慶陽市訪問団一行が来庁しました。

 

冒頭、石川七尾日中友好協会 会長の岡田 成様から、

「良い出会いであります様に歓迎します」と挨拶があり、

引き続き岡野七尾市副市長から

「滞在中は能登の歴史文化にふれ楽しんでいただき、

七尾での滞在期間を満喫して下さい」と挨拶がありました。

 

訪問団一行を代表し、慶陽市政府外事弁公室主任の賀 擧峰様からは、

「友好の使者として七尾市に来ました。

七尾市は美しい街であり人情も温かく住み心地が良く、

これからの交流を検討したい」と挨拶があり、

記念品の交換がされました。

 

 

その後一行は、

社会福祉法人 あっとホーム若葉、能登食祭市場、公立能登総合病院、

七尾消防署、花嫁のれん館や一本杉通りを散策し、明日七尾を立つ予定。

 

 

 

第9代七尾市議会議長に就任!

第9代七尾市議会議長に就任いたしました荒川一義です。

このたびは、議長の重責を担うこととなり、

今まさに、その責任の重さをひしひしと痛感している次第です。

 

議会は民主主義の原点であると共に、

市民の代表機関でもあり、

七尾市議会として、あるべき議会像を求めてまいりたいと思います。

二元代表制を生かし、議会と執行部のあるべき姿の中で、

生き生きとした地域民主主義の実現を目指していければと思っています。

 

公正で円滑な議会運営ができるよう役割を果たすとともに、

市民の代表機関の責任と期待に応えられるよう、

一生懸命頑張って参りたいと思っています。

 

皆様の格別なる御指導と御鞭撻を賜りながら頑張って参りますので、

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

大変多くの皆様からのご支援ご声援 本当にありがとうございました!

この度、

七尾市議会議員選挙におきまして、

皆様の絶大なご支援ご声援を賜り、

誠にありがとうございました。

 

皆さまのご支援を糧に

これからもより一層

頑張っていきますので

今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

 

 

頑張っています!

それぞれのまちや地域が抱える課題や問題は様々ですが、

自分達の住んでいるまちを、自分たちで考え、決定し、運営して行ける

「市民が主役」のまちづくりを推し進めなければならないと私は思っています。

その為に必要な、情報の共有・参画・協働を意識したまちづくりを実践し、

皆さんがしあわせを実感できる地域社会を創って行きます。

私といっしょに地域コミュニティ・七尾市再生に取り組みませんか!

 

皆さんの力を貸してください! 宜しくお願いします!

 

 

 

いよいよ 戦いの火たが切られました!

それぞれのまちや地域が抱える課題や問題は様々ですが、

自分達の住んでいるまちを、自分たちで考え、決定し、

運営して行ける「市民が主役」のまちづくりを

推し進めなければならないと私は思っています。

 

その為に必要な、情報の共有・参画・協働を

意識したまちづくりを実践し、

皆さんがしあわせを実感できる地域社会を創って行きます。

私といっしょに地域コミュニティ・七尾市再生に取り組みましょう!

 

皆さんの力を貸してください! 宜しくお願いします!

七尾市議会議員選挙に立候補しました『あらかわ一義』です

― 市民が主役 ―

~ 協働のまちづくり ~

 

 

皆さんは自分が住んでいるまちの5年後や、地域の10年後の姿を想像した事はあるでしょうか。

現在でも、多くの町内では獅子舞をする子供達さえ足らなくなり、地域を担う働き手の若者も少なくなり、空き家が増え、草刈りをする事にさえ事欠きます。

少子高齢化の時代の中で、私たちはこれからどの様なまちや地域を目指し、その為には今、どの様な事に取り組んで行かなければならないのか、その事が問われています。

それぞれのまちや地域が抱える課題や問題は様々ですが、自分達の住んでいるまちを、自分たちで考え、決定し、運営して行ける「市民が主役」のまちづくりを推し進めなければならないと私は思っています。

その為に必要な、情報の共有・参画・協働を意識したまちづくりを実践し、皆さんがしあわせを実感できる地域社会を創って行きます。

私といっしょに地域コミュニティ・七尾市創生に取り組みませんか!

皆さんのお力をお貸してください! 宜しくお願いします!

知りあいの方にも発信してね!

 

天空の城 七尾城

平成29年8月26日、七尾東雲高校による七尾城プロジェクト発表会が、七尾美術館アートホールで開かれました。

 

高 七尾市教育長は、“本日は一年間の活動成果を発表されると聞き、とても楽しみにしてきました”と挨拶すると共に、“今後とも、ふるさとの歴史文化に興味を持ち、若い感性で魅力を広く情報発信する活動が続くことを期待したい”と、お祝いの言葉を伝えました。

 

 

プレゼンテーションでは、七尾東雲高等学校総合経営学科商業系列ビジネスコースの三年生が務めました。

1. 現状と取り組みの目的

2. 問題解決の提案

3. 問題対策の効果

4. フィールドワーク

5. マップ作成

6. 今後に向けて

7. まとめ