能登島水族館 のと海遊回廊 オープン

平成30年4月27日、能登島水族館で、

これまでの回遊水槽が「のと海遊回廊」となって

リニューアルオープンし、

その記念式典が執り行われました。

 

<施設の概要及び特徴>

○水槽

①観覧車の視界を妨げることなく、全体を観察できる一体水槽

②魚群が間近に観察できる「観察ドーム」を2箇所設置

(うち1箇所は昇降機を備えバリアフリーに対応)

③水量  約200トン

 

○プロジェクションマッピング

④常時投影は日本海の水族館では初

・水の揺らぎを表現した映像

・ジンベイザメなどの魚が自由に泳ぎ回る映像

・クラゲなどが光り輝き泳ぎ回る映像

・色とりどりの魚たちがきらめきながら泳ぎ回る映像

 

<展示予定の魚類>

能登の海に生息・回遊する20種・約1700点の魚類

(ブリ・ヒラマサ・カンパチ・マダイ・マアジ など)