七尾市、崎山・大呑地区の断水について

平成30年1月下旬の寒波により、宅内の水道管内部の氷が膨張して管が破損し、

寒さが緩んだ事から氷が解け一気に漏水が広まりました。

また、夜間の水出し、空き家等での漏水も多く、

大量の配水により矢田配水池の水位が低下し続けました。

 

通常、矢田配水池受水量は400立米で配水量は350立米ですが、

29日(月)午前4時から受水量400立米を上回る量(平均500立米・最高の604立米)

が午後9時まで連続して配水され、

配水池の水位低下が止まらず崎山配水池への送水が困難となり、

崎山、大呑地区が断水となりました。

(下記の「水源別配水区域図」を参考にしてください。)