< ベンチ完成 >

5月に地元企業の中村技研工業のご厚意により、

バス待合所が設置されました。

そしてこの度、

東京から七尾市町屋町に移住された大和さんのご厚意により、

本人手作りのベンチが設置されました。

スクールバスも止まり、

多くの小学生や高齢者が利用しており、

「少しでも役に立てば」とのおもいから、

仕事で空いた時間に、コツコツと作ったとの事でした。

 

自分たちの住んでいる地域は、

住んでいる自分たち自らが行動を興し、

地域の将来に向け、

どんな地域社会をつくりあげていくのか。

その為には、

どの様な事に取り組んで行かなくてはならないのか、

みんなで考え「自立できる地域づくり」を目指さなくてはならないと、

今回の事を通して思いましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<コロナ下の自然災害への備え =七尾市高階地区=>part2

■自立できる地域づくり

「コミュニティが成長することにより 地域の未来がかわる」

不条理な新型コロナウイルスとの闘いが続く中、

大雨や台風による自然災害に注意が必要な季節に入ります。

地域を縦断する二宮川は地域の基幹河川であり、

昨年も警戒水位を超え大変危険な状態でした。

コロナとの複合災害にならない事を願い、

先週に引き続き早朝から草刈り整備です。

 

 

 

荒川 一義さんの投稿 2020年5月30日土曜日