~菜の花プロジェクト~ 大地に根を「シッカリ!」

5月27日に、高階小学校5・6年生と田植えをしましたモチ米が、

大地に根をシッカリ張り元気に育っています。

 

 

有機栽培と完全無農薬のため、田草も遠慮なく生えてきます。

今年は特に、オモダカ(通称 ハサミ)が生え、早朝から除去作業です。

 

オモダカは地下に塊茎を形成する水田の代表的な多年生雑草で、

水稲と競合し大きな株となり水稲の生育を阻害し、

繁殖は地下茎のみならず種子でも行われます。

 

これらから発生した個体は、生育が進むにつれて形の異なる葉を出し、

発生初期には線形葉、やがてへら葉、その後、矢尻の形をした矢尻葉が出てきます。

ヒエ、ホタルイ、コナギよりも遅く、しかもダラダラと長期に渡って発生してくるため

防除の困難な水田雑草です。